リバースモーゲージ 高齢者 ローン

持ち家を担保にする、『リバースモーゲージローン』

高齢者の家

高齢者のためのローン『リバースモーゲージローン』を知っていますか?

 

「リバースモーゲージ」って全く聞きなれない言葉ですよね。

 

管理人も初めて聞いた時は「???」でした。

 

リバースモーゲージとは、
『持ち家』を担保にお金を借りるシニア世代向けのローンです。

 

このリバースモーゲージローンは
60歳以上(※銀行による)で、資産を保有する高齢者が対象となります。

 

持ち家を担保って、家から出ないといけないってこと?!

 

リバースモーゲージローンの特徴は、
持ち家を担保にいれますが生きている間は持ち家を手放すことなく、
資産価値の範囲内で借入が出来るシステム
になります。

 

家は売却しないと現金にはならないですが、
リバースモーゲージは将来の資産価値を見越して借入限度額が決まり、
その限度額分までは生前に返済をする必要なく自由に借りられるというものです。

 

死後、銀行が担保となっていた持ち家を売って借入分を一括返済し、
残ったお金は配偶者や親族に引き継がれます。

 

最近できあがったばかりのシステムなので
いまのところ全国的に行われている訳ではなく、
首都圏や関西圏などの主要都市に限定され運用されているようです。

 

リバースモーゲージローンにはメリットもデメリットもあります。

 

メリット

  • 住宅ローンなどの支払いがなくなる
  • ゆとりある老後生活を過ごすには最適
  • 子どもが独立している夫婦、子どもがいない夫婦向き

    (財産を残す必要がない夫婦に最適)

 

デメリット

  • ローンを組む本人(家の名義人)が死亡した場合、

    残された配偶者は強制的に家を処分しなければならない可能性がある

  • 一切子どもに財産を残せない可能性がある
  • 限度額まで借りてしまった場合、追加借りられない可能性がある
  • 子どもと一緒に住むことが出来ない

 

管理人的には今のところ、リバースモーゲージにうまみは感じていません。

 

老人の後ろ姿

たしかに子どもがいない夫婦には財産を残しておく必要がないので、
自分たちで使い切ってしまうという点では資産に対して損がありません。

 

ですが、もしローンを組んでいた夫が先立ってしまった場合、
残された妻が家に住み続けられるとは限らないというのがすごくリスキーに感じますし、
子どもがいた場合にも、財産が全く残っていなかったとしたら、
あてにはされてなくても心なしか恨まれるような気がします…(汗)

 

資産を使い切ってしまうというのも賢いように感じますが、考え物ですね。

 

年金受給者が借り入れできるとこってあるの?!トップページに戻る