年金受給者でも借り入れできるんです。自信を持って老後を迎えましょう。

年金受給者でも借入はできるんです。

年金手帳

年金受給者は働いている人と同様、借り入れが出来るのでしょうか?

 

答えは『出来る』です。

 

ただし、全ての消費者金融や銀行から借り入れできる訳ではありません。
各消費者金融、銀行により貸し付けの条件はまちまちだからです。

 

借り入れできる年齢制限も違いますし、
そもそも年金が収入とみなされるかどうかも違うのです。

 

ちなみに、年金受給者でも借り入れできる金融機関は
『みずほ銀行カードローン』のみです。

 

消費者金融では借り入れできません。申込みもしないほうがいいです。

申込しないで!

CMでもよく放送している消費者金融には、
貸金業法に定められている総量規制というルールがあり、
年収の3分の1までしか借り入れできないと決まっています。

 

また、安定した職業により収入がある人が対象となった貸付になるので、
年金受給しか収入がない場合は借り入れができません。

 

年金受給以外にもパートなどで収入がある場合は審査の上で契約が出来ますが、
消費者金融の場合、
年金のみで審査に通ることは決してないので最初から申込まないでおきましょう。

 

審査落ちが確定なのに申し込んでいると『申込みブラック(※)』として扱われて、
ただでさえ借り入れ先のない年金受給者にとって、審査がより厳しくなり死活問題になりかねません…。
困った年金受給者
(※)申込みブラックとは一度にたくさんの金融機関に申込み、多重債務を警戒されている人のこと

 

年金受給者へ銀行から救いの手がありました!

年金受給者が借り入れ可能なのは銀行です。

 

年金受給者もおっけー!

 

銀行は総量規制の対象外なので無収入の専業主婦でも借入が出来るくらいです。

 

ただし、銀行によっては年金を安定した収入とみなさないところもあります。

 

早速、収入が年金のみの人でも借入出来る銀行カードローンをご紹介します。

 

年金のみの収入でもOK!『みずほ銀行カードローン』

みずほ銀行カードローン

 

実質年率 借り入れ限度額 年齢制限
みずほ銀行カードローン

3.5〜14.0%

1,000万円

満20歳〜満66歳未満

 

みずほ銀行カードローンは、年金受給者でも借り入れすることが出来ます。
実をいうと、年金のみの収入で借入ができるのはみずほ銀行だけです。

 

みずほ銀行は借り入れの年齢制限はありますが「満66歳未満」となっていて、
一般的に満65歳未満となっている多くの銀行よりも、1年期間が長いです。

 

ちなみに年金受給者であるかどうかに関わらず、
年齢制限を超えると事前に契約済みでも新たな借り入れすることはできないので
借り入れを希望する場合は、早めに申し込みをして借り入れを済ませておく必要があります。

 

みずほ銀行カードローンの公式サイトはこちら

 

みずほ銀行の借り入れ限度額は1,000万円ですが…

借り入れ限度額は1,000万円となっていますが、
年金受給者が年金のみの収入で高額な融資を期待することはできません。

 

みずほ銀行は全く無収入の専業主婦でも借り入れできるほど親切ですが、
無収入の専業主婦でも上限が30万円までと決まっています。

決まってます

 

ですから、年金受給者でも
借り入れできるのはあくまで数十万円くらいだというのを念頭においておきましょう。

 

数百万円借り入れして豪遊!や、自宅をリフォームなどは難しいかもしれません。

 

借り入れしたら返さないといけないことを忘れなければ、
数十万で十分やりくりできるのではないでしょうか。

 

みずほ銀行カードローンの公式サイトはこちら

 

年金受給者の借り入れでも担保や保証人は不要です。

年金受給者が借り入れするときに気になるのが、
借り入れ条件の担保や保証人ではないでしょうか。

 

高齢になってしまうと配偶者も収入がないことがほとんどだと思うので、
保証人として成り立たない可能性があります。

 

困る年金受給者

 

かといって息子や娘に保証人になって欲しいとは親としてのプライドがあり、
なかなか相談できないですよね…

 

マイホームを持っていない場合、担保にするものがない…という悩みも出てきます。

 

そんな悩みを持った年金受給者に朗報がひとつ。

 

朗報

 

年金受給者でも借入できるみずほ銀行カードローンでは、
保証人や担保は不要です。

 

また、収入証明も不要なので年金受給者も安心して審査を受けられます。

 

みずほ銀行ほど年金受給者にやさしいカードローンは他にないと思います。

 

みずほ銀行カードローンの公式サイトはこちら

 

自分が年金受給者でも、配偶者に安定した収入があれば借り入れできる『東京スター銀行』

スターカードローン

 

実質年率 借入限度額 年齢制限
東京スター銀行

スターカードローン

4.5〜14.6%

500万円

満20歳〜満65歳未満

 

東京スター銀行スターカードローンは
配偶者に安定した収入が見込める場合、申込者が年金収入しかなくても借り入れすることができます。

 

つまり、夫婦どちらかが継続して仕事やパートをしていれば、
働いていない側も融資を受けられるのです。

 

最近は元気な高齢者が多いので65歳で定年を迎えても働き続ける人が多いです。

 

現役のときより収入が少なくなっても、
年金以外に収入があるだけでキャッシングできる会社も増え、老後の選択肢が広がります。

 

 

65歳を越えても借り入れできるのは消費者金融!

 

65歳を過ぎてしまった…という人は残念ながら銀行で借り入れすることが出来ません。

 

ですが、
65歳を越えても年金受給の他に安定した収入がある場合、
消費者金融での借り入れができるんです。

シニア

 

消費者金融の審査では『安定した収入』が最重要視されているので、
年金受給のほかに収入源があるなら、65歳を過ぎても消費者金融で新規借入が出来るのです。

 

ただし、消費者金融も満69歳未満までという決まりがあるので
70歳の誕生日を迎える前に借り入れを完了させておきましょう。

 

消費者金融でおすすめなのは『アコム』

 

アコム

 

アコムは年金だけでは借り入れできませんが、
雇用形態がパートでも安定的に収入がある場合は借入出来ます。

 

ただ、消費者金融の場合、総量規制があるので年収の3分の1までしか借り入れできません。

 

パートでどれだけ稼いでいるかにもよりますが、
大金の融資は期待できないことを覚えておきましょう。

 

アコムの詳細ページ

 

年金受給者が国民年金のみでは絶対生活できない現実。

 

国民年金の平均額は月額5万〜6万円です。

 

会社勤めをしていて厚生年金に入っていた場合は14万〜15万円が平均となるので
国民年金のみの受給者より豊かな生活が出来るはずです。

 

国民年金の場合、
夫婦で貰っても月10万〜12万円の所得で家計を切り盛りしていかなければなりません。

老後の夫婦

 

マイホームを持っていて、ローンの返済が終わっていたらまだしも、
持家がなく賃貸、もしくはまだローンの支払い途中という場合はかなりキツいです。

 

最低の生活費でも家賃、光熱費、食費、通信費…など積み重なっていけば
10万円なんてすぐになくなります。

 

会社勤めをしていなかった人は国民年金の他に自ら貯蓄をしていないと
老後に苦しい思いをすることになります。

 

厚生年金基金の解散…

 

現在では『厚生年金基金の解散』が相次いでいます。
取るだけ取って解散って、ほんと詐欺みたいなものですよね…。

 

会社務めしている人もいまやのんびりとしていられない状況になっているので
誰もが老後についてきちんと考えて、貯蓄をしておかなければなりません。

お金

 

管理人も年金受給者になるまでには、まだ少し時間がありますが、
貯蓄はないに等しいうえに、住宅ローンもあります。

 

もう少し将来のことを思って生活しておくべきだったと今になって後悔しています。

 

とりあえず自分が65歳で定年して年金受給者になったとき、
もし貯蓄が全くなかったら真っ先にみずほ銀行カードローンから借り入れをしようと思います。

 

いまはそうならないためにも少しでも貯蓄にまわせるようにやりくりしたいと思います。

 

年金受給者になってからの余生を楽しむには?

 

長年務めた会社を定年し、
いよいよ本格的に年金受給者になった時に得られるものといえば、
好きなことにとことん時間を費やせることではないでしょうか。

 

いままでは仕事にどっぷりだった生活から、時間に余裕のある余生を楽しむのが、
定年まで頑張ってきたご褒美となることでしょう。

盆栽

 

しかしながら、年金受給者となって余生を楽しむためには、やはりお金が必要です。
趣味を勤しむには、お金がかかるものですから。

 

そこで、定年するまでにはしっかりと貯金をしておきたいのですが、
マイホームの返済やマイカーローンなど、現役時代も返済に追われて
ろくに貯蓄出来なかった…と言う人のほうが現実には多いように感じます。

 

そんなときに活用したいのが、年金受給者でも借り入れできるカードローンです。

 

年金しか収入がないんだけど…という年金受給者も大丈夫。

 

年金受給者に対応しているのは【みずほ銀行カードローン】です。

 

残された余生を楽しむためのお金が急遽必要になった時、
年金だけでは生活できないとき…

 

そんな時には年金受給者にみずほ銀行カードローンで難を逃れてほしいと思います。

 

年金受給者になる前に、審査を受けて契約しておくのも一つの手です。
収入があるときのほうが審査には受かりやすいのは事実です。

 

もうすぐ定年で年金受給者になるけど貯蓄額に自信のない人は
みずほ銀行カードローンと契約しておいてはいかがでしょうか。

 

みずほ銀行カードローンの公式サイトはこちら